fragments わたしをつくるカケラたち

ライター、編集者として活動中。 映画を中心にカルチャー、アート、美容、ファッション――”わたし”をかたちづくる愛おしい”カケラ”たちについて日々綴ります。 こころもからだも、豊かに美しくあるために。

follow me at Instagram & Twitter ⇒ @kanacasper

beauty news tokyoさんでキレイ情報発信中 ⇒ http://www.beautynewstokyo.jp/

前にも書いたし、beauty news tokyoさんでも記事書かせて頂いてますが、
ドファサルメイクの追求がとまらない!


ということで、研究を重ねた結果、わたし流ドファサルメイクのやり方をご紹介。

ドファサル01




①メインの目元のアイシャドウの発色をよりクリアにするために、ベージュのシャドウをアイホール全体に
肌トーンを整えるためです。


エスティローダーのベージュシャドウ


このひと手間が大切!





②うすめのピンクを上まぶたの二重の範囲よりすこし広めにのせる 写真 1


CHANEL, LUMIERES POLYCHROMES
いつかの春限定品。水に溶かして使うとまた違う発色に。
ここでは右下のピンクを使用。





③赤を目尻にいくにつれて幅広くのせて、目尻を強調していく
下まぶたの目尻側1/3にも、写真くらい広めにのせる。
上記CHANELの左下を使用。





④ラメのシャドウをまぶたの中央、やや縦長にのせる
涙袋の中央にも。

KATEのメタリックジェリーアイのゴールドを使用。


⑤ブラックのリキッドアイライナーでアイラインを目尻より少し長いくらいまでひく
(いつもは1cm超えも余裕だけれど、ここは我慢)

⑥ビューラー&マスカラをしたら、バーガンディ色のクリーミー・ペンシルライナーで目尻にラインを長めに跳ね上げる。
目を開いた状態で描くと、「こう見えたい」と思い描く完成形がそのまま綺麗に描けますよ。


⑦唇にリキッドファンデ&パウダーをのせて赤みを消す(コンシーラでもOK)。
(わたしはリップは断然マット派だけど、好みで透明or クリアな赤のグロスをのせてもOK)



⑧マットの赤リップを唇の上下内側にのみ濃くのせてなじませる
グラデーションリップ

意外に簡単。

ちなみにこれは少女時代のテヨンちゃん。




*****

たまにやりすぎて、出先で鏡に映る自分がX-JAPANみたいで驚愕する(笑)。
ピンクやオレンジのチークを頬骨の上から顔の外に向かってのせてもいいけど、わたしはチークなしが好きかな。



今、チョン・ウソン主演の韓国映画『The Divine Move 神の一手』のお仕事をさせてもらっているのですが、、、、






divine1
 
かこいいね!!

囲碁映画と聞いて「激しぶーーーーー」と思ってました。
ごめんなさい。
めっちゃアクション!!


むかし先輩(男性)が某有名ブランドのイベントで、尋常じゃなく、この世のものとは思えないスタイルのいい生き物がいる、と思ったらチョン・ウソンさんだったと言っていました。
芸能人に会うといつも思いますが、もう骨格が違いますよね。

で、劇中、こーんな素敵なスーツを何バリーエーションも着こなし、惜しげもなく汚してファイトしているのですが、やっぱこれ、反則的にかっこいいわけです。


めちゃくちゃ鍛えられた体に、サイズの合った仕立てのいいスーツ。
キーワードは、胸板、ですね。




プロの囲碁棋士が、兄を殺された復讐をするために、
賭博囲碁の極悪一味と命懸けで戦う犯罪アクションなのですが、
「囲碁という究極の頭脳戦✖️迫力の怒涛のアクション」 
という、静と動がうまくコントラストで効いていて、
そのどちらの世界観でもチョン・ウソン魅力炸裂!でした。




こんなこというとファンの方に怒られちゃうかもしれないけれど、
肉は腐りかけが美味しい、みたいな言葉を思い出していました。
円熟、ってことばがピンとくるような 大人の色香が漂っていて、
これ、昔からのファンには感慨深い作品なんじゃないかなーと、
ひとり謎な視点で観ていました(笑)。 


divine 7


これ、すごくないですか?! 
鍛えてるなー。
しかし鍛えてるなー。 
鍛えすぎててすこし笑いました。
ドラゴンボールじゃないですよ? 
実写の映画です。念のため。
 
チェ・ジニョク(右)という注目株の俳優さんが出ていて、
彼はチョン・ウソンの敵役なのですが、
ふたりで-30℃くらいの冷凍室のなかで上半身裸で碁を打っております!
 
韓国映画では、わりとこういったサービスショット、お決まりですよね。



『神の一手』は犯罪アクションなのですが、脇を固める俳優陣(名優アン・ソンギはじめ)の芝居が全員うますぎて、唸った!
これはレベル高いーーー。
韓国映画やドラマ好きの方なら、馴染みのあるお顔がいっぱいです!
けど、囲碁賭博の話だから、みんなちょーーーーーーーーーーーーーーーーこわい。。
イ・ボムスとかひょうきんなイメージしかなかったのに、あまりに怖くてトラウマです。
つまり最高な芝居してます。

 

もちろん、チョン・ウソンのアクションは長い手脚を活かしてキレキレだし、なにより色気、ありますね〜。



divine






いろいろ調べてたら、彼の出世作の映画『ビート』が、韓国国民が選ぶ青春映画トップ10の1位だとか。アクション映画らしく、観てみたいなー。
0711111_p

わかい
(ちょっとEXOのレイくんに似てる?)


7420347b81d26f7982bf0fcee16f893c
わかいね! 





韓国映画も好きです。ドラマはあまり観ないけれど。
パク・チャヌク、キム・ギドク、ポン・ジュノ監督が好き。 
絶対の愛


 

ドファサル メイクってしってますか?
ドファサル02

ドンファンって言葉があります。
17世紀スペインに実在した超モテ男の貴族の名前。
かつてジョニー・デップが映画『ドンファン』(95)でも演じてましたね。

jonny



転じて、ドンファンはプレイボーイを意味することばです。
そしてドファサルはその女の子版を意味する造語で、たぶん韓国が発祥の地。


つ・ま・り

どんな男性もとりこにしてしまうような、魅力的なメイク

それを

ドファサル メイクといいます♥

ドファサル01

基本はオルチャンメイクなのですが、

”赤”がポイントのメイクです。

目元に印象的に赤をいれつつ、涙袋に光を集めたり、アイラインを下に長めに引くことで、
奇抜になりすぎず、ちょっとモード、だけどキュートという絶妙なラインを保てる。



口元はオルチャンメイクでは定番のグラデーションリップ。
強めの赤を、本当に内側にだけ、強めにグラデーションをつけます。


どふぁさる3



我らがカリスマオルチャン
PONYことパク・ヘミンちゃんが動画で解説してくれてる♪
(韓国語も英語もわからなくても、動画だから大丈夫!)



英語だとBlossom makeupって言ってるー



この動画、最強モテメイクである”ドファサル メイク”をして、
ヘミンちゃんが男の子たちを逆ナンパしててかわいい♥


どふぁさる4

最近このメイクしてます〜
服が全身ブラック(なりがち)のときにするのがお気に入り♪


ぽっと上気したようなチークも華やかでいいけれど、
わたしはほぼチークしないで”怖かわいい”な感じが好み♥
近寄りがたさ、がやっぱ好き(笑)。

↑このページのトップヘ