前にも書いたし、beauty news tokyoさんでも記事書かせて頂いてますが、
ドファサルメイクの追求がとまらない!


ということで、研究を重ねた結果、わたし流ドファサルメイクのやり方をご紹介。

ドファサル01




①メインの目元のアイシャドウの発色をよりクリアにするために、ベージュのシャドウをアイホール全体に
肌トーンを整えるためです。


エスティローダーのベージュシャドウ


このひと手間が大切!





②うすめのピンクを上まぶたの二重の範囲よりすこし広めにのせる 写真 1


CHANEL, LUMIERES POLYCHROMES
いつかの春限定品。水に溶かして使うとまた違う発色に。
ここでは右下のピンクを使用。





③赤を目尻にいくにつれて幅広くのせて、目尻を強調していく
下まぶたの目尻側1/3にも、写真くらい広めにのせる。
上記CHANELの左下を使用。





④ラメのシャドウをまぶたの中央、やや縦長にのせる
涙袋の中央にも。

KATEのメタリックジェリーアイのゴールドを使用。


⑤ブラックのリキッドアイライナーでアイラインを目尻より少し長いくらいまでひく
(いつもは1cm超えも余裕だけれど、ここは我慢)

⑥ビューラー&マスカラをしたら、バーガンディ色のクリーミー・ペンシルライナーで目尻にラインを長めに跳ね上げる。
目を開いた状態で描くと、「こう見えたい」と思い描く完成形がそのまま綺麗に描けますよ。


⑦唇にリキッドファンデ&パウダーをのせて赤みを消す(コンシーラでもOK)。
(わたしはリップは断然マット派だけど、好みで透明or クリアな赤のグロスをのせてもOK)



⑧マットの赤リップを唇の上下内側にのみ濃くのせてなじませる
グラデーションリップ

意外に簡単。

ちなみにこれは少女時代のテヨンちゃん。




*****

たまにやりすぎて、出先で鏡に映る自分がX-JAPANみたいで驚愕する(笑)。
ピンクやオレンジのチークを頬骨の上から顔の外に向かってのせてもいいけど、わたしはチークなしが好きかな。